TAKOの森@セミリタイア生活

TAKOの森@セミリタイア生活

不動産投資と太陽光発電、MT4のFX・株価指数・コモディティ、国内株、外国株で投資生活

【MT4】トラリピ系グリッドEA「TKGridTrade_ver1.8」利確方法に利益確保型トレーリングストップを追加

無料トラリピEA「TKGridTrade」バージョンアップです。

完全無料で国内・海外のMT4口座で使うことができます。

今回のトラリピEAは、MT4とMT5のEAを同時進行で制作しています。

  • 完全無料でダウンロード・運用することができます。
  • FX・株価指数・仮想通貨・貴金属・エネルギーなどで使うことができます。
  • 初心者でも簡単に設定できるようにしてあります。
  • 国内・海外のFX会社で運用することができます。

MT4とMT5ではEAの中身がまるで違うので、MT4のEAをコピーしてもMT5では動きません。

まず、MT4でEAを作り、そのEAをMT5用に変換し一つ一つ動きを確認してバックテスト、フォワードテストをして完成させています。

前回のEA「Takonomori」を参考に初心者でもわかりやすいパラメーターや簡単に設定ができるように開発していきます。

もちろん、売買方法、注文方式、利確方法、損切方法、複数のトラップを一つのEAで設定を変更して幅広い運用ができるようにしていきたいと思っています。

ハーフ&ハーフの設定やトレーリングストップ、豪ドルNZドルのダイヤモンド戦略、グルトレ、グルグルトレインなども設定できるようにしていきたいと思います。

趣味で作っているので完全無料ですが、時間がかかるし多少の不具合もあります。

これらを了承していただいた方だけ無料でダウンロードしてください。

 

今回のバージョンアップ

 

利確方法に利益確保型トレーリングストップ設定を追加しました。

トレーリングストップは、ストップロス価格を切り上げていき下がったところで利確する方法です。

ストップロス価格を随時変動していくのでFX会社のサーバーに負荷を与えることになります。複数の通貨で小さな値幅で運用するとFX会社から警告がくる場合があるのですべての運用で使うことはお勧めしません。

実際にFX会社から警告文がメールで送られてきたことが2度ほどあります。

また、トレーリングストップとトラリピは相性が悪くて通常の利確幅(pips)でトレードした方が利益が多くなります。

普段使いよりも短期的なショック相場で使うといいと思います。

トレーリングストップの設定方法としては、利確設定を「トレーリングストップ」にしてトレーリングストップ発動幅(pips)とトレーリングストップ最低利確幅(pips)を入力する。

注意)発動幅よりも最低利確幅を小さくしてください。

トレーリングストップ発動幅 > トレーリングストップ最低利確幅

 

バージョンアップするときにプログラム修正作業を行っています。

些細な場合もありますが、重要な場合もあるのでなるべく早めに新しいバージョンに変更することをお勧めします。

 

トラリピEA(グリッドトレードEA)とは

f:id:tako-no-mori:20200819150303p:plain

一定の価格に指値注文、逆指値注文の予約注文をして、予約した価格になったら売りまたは買いで成立してポジションを保有します。

設定した利確価格になったら自動的に決済されるのが通常のトラリピです。

相場をあまりよく知らなくても数年間のチャートをみてトラップを仕掛ければトレードでき、毎日コツコツ利益を増やすことができます。

ただし、ポジションを多く保有することになり評価損益がかなり大きくマイナスになるので、資金管理ができていないとロスカットされる可能性があります。

必要資金を抑えるためにハーフ&ハーフ設定で運用することが多いようです。

トラリピを辞めるタイミングがハーフ&ハーフ設定の中央値に近いところしかないので、中央値から離れた価格で撤退したい場合は大きな損失をすることになります。

不動産投資の様な長期的な運用をしたいと考えている人に向いたロジックです。

 

トラリピEAの戦略

買い閃絡

下から上に買いのみのトラップを仕掛けてトレードします。

www.youtube.com

 

売り戦略

上から下に売りのみのトラップを仕掛けてトレードします。

www.youtube.com

 

ハーフ&ハーフ戦略

設定レンジの最高値と最安値の間に中央値を設定し、中央値よりも上半分を売り設定中央値よりも下半分を買い設定でトレードします。

上下半分に分けてトレードするので必要資金が半分程度でトレードでき資金効率がいいのが特徴です。

www.youtube.com

 

両建て戦略

レンジ最高値と最安値の間を売り設定と買い設定が同時に行われるトレードです。

相場が上がっても下がっても利益を得ることができますが、含み損も多くなるので資金管理が重要です。

www.youtube.com


ハーフ&ハーフ一部両建て戦略

ハーフ&ハーフ設定の中央辺りの一部分だけを両建てにする設定のトレードです。

中央付近でのレンジが多い場合に有効なトレード方法です。

www.youtube.com

 

ダイヤモンド戦略

トラリピで有名なFX会社で豪ドルNZドルでのトレード方法で「ダイヤモンド戦略」といっていました。

要するにハーフ&ハーフ設定の上下に買いと売りの異なった設定を加えたトレードです。

ハーフ&ハーフ設定よりもポジション数を減らしてトレーリングストップをつけるなどハーフ&ハーフ設定とは異なった設定にすることで資金を抑えられる効果があります。

www.youtube.com

 

ハーフ&ハーフ一部両建てプラス戦略

「ダイヤモンド戦略」の中央を両建てにしたオリジナルトレードです。

ダイヤモンド戦略の中央のゾーンをハーフ&ハーフ設定から両建て設定に変更したものになります。

www.youtube.com

 

買いの3段トラップ戦略

3つのトラップを買い設定で運用する方法です。

買い戦略との違いは、レンジを3つに分けてトラップを別々に設定することができます。

例)トラップ② レンジ幅:20pips 利確:40pips

  トラップ① レンジ幅:10pips 利確:60pips

  トラップ③ レンジ幅:40pips 利確:トレーリングストップ

といったようにトラップごとに設定を変更することができます。

 

売りの3段トラップ戦略

3つのトラップを売り設定で運用する方法です。

売り戦略との違いは、レンジを3つに分けてトラップを別々に設定することができます。

例)トラップ② レンジ幅:20pips 利確:40pips

  トラップ① レンジ幅:10pips 利確:60pips

  トラップ③ レンジ幅:40pips 利確:トレーリングストップ

といったようにトラップごとに設定を変更することができます。

 

現在運用している海外FX会社

ExnessというFX会社でトラリピEAを複数商品で運用しています。

なぜ、わざわざ海外FXの会社のExnessで運用するのかというと

  • MT4/MT5を使うことができる
  • 手数料は無料
  • レバレッジ2000倍~500倍程度で運用できる
  • 最大ポジション数が無制限
  • FX・株価指数・仮想通貨・コモディティで投資ができる
  • スワップフリーの商品で運用できる
  • 日本の銀行口座から振り込みで簡単に入金できる
  • ビットコインでも入金できる
  • 日本の銀行口座に簡単に出金できる
  • サポートメールが日本語の対応可能

といったところです。

MT4/MT5を扱っている国内のFX会社はすべて口座を開設して運用してきました。

海外のFX会社も複数社の口座を開設して運用してきましたが、実際に入金できなかったり出金できなかったということはありませんでした。

トラブルはありましたが、メール等で連絡すればすぐに動いてくれるので国内も海外もあまり関係ないかなっていうのが本音です。

よく言われているレバレッジ制限も口座残高やポジション制限などの規制に引っ掛かり下がったということもあっても、故意にレバレッジを下げて損失を出させたということもないようです。

 

MT4/MT5で運用することができる

ExnessではMT4とMT5のどちらでも運用することができます。

ただし、日経225など商品によってMT4では取引ができないけどMT5では取引できるということがるので注意が必要です。

レバレッジが最大無制限

ExnessというFX会社では、レバレッジが最大で無制限です。

だからといって、トラリピEAではレバレッジが無制限で運用できません

無制限には残高制限があるからです。

海外FXで運用していたら急にレバレッジを下げられロスカットさせられたという記事を読んだことがあります。

それには理由があって、ほとんどの海外FX会社では残高によってレバレッジが変動していきます。

それを知らないと、運用して利益が増えたら、口座残高が増え、レバレッジが下がるという仕組みです。

このように口座残高によってレバレッジが下がります。

そしてもう一つ、商品によってレバレッジが決まっているものレバレッジを変更することができません。

貴金属や株価指数、仮想通貨やエネルギー商品はレバレッジが最初から決まっていて変更できないので注意が必要です。

最大ポジション数が無制限

????って思った人もいるかとおもいすが、トラリピEAはポジションと予約注文を多く持つことになるEAです。

一つの商品で運用するのであれば、ポジション制限が200ぐらいでも問題ないとは思いますが、複数の商品を運用するのあれば最大ポジション数が無制限でないとだめです。

海外のFX会社だけでなく日本のFX会社でもポジション制限があるので注意が必要です。

さらにポジション制限数の中に予約注文数も含まれている会社も多いので周囲が必要です。

国内銀行送金で入金ができる

簡単に入金をしたい場合は、国内銀行に振り込みで入金をすることができます。

自分の銀行口座から国内のExnessの提携会社の口座に振り込むもので、振込手数料が必要になります。

楽天銀行などの振込手数料が回数限定で無料でできる銀行口座から振り込めばもちろん無料です。

最低と最高の入金金額が決まっているのでこれも注意が必要です。

ビットコインも入金できる

ビットコインでも入金することができます。

マイニングを自宅でしている場合など、ビットコインを日本の仮想通貨取扱所で交換しなくても、Exnessの仮想通貨のウォレットに送金し、FX口座の通貨に交換する形です。

サポートメールが日本語で利用できる

国内銀行口座から40万円を振り込み入金したときに、こちらのミスで入金が完了しなくてFX口座にも反映されず、でも振り込み入金はしている。

という焦った状況で、サポートに日本語でメールを送ったところ、入金した証拠になるスクショやその他の手続きをして1週間以上かかりましたが、無事にFX口座に入金されました。

国内銀行送金で出金できる

マイニングで入金した金額と取引で出た利益の一部を試しに出金することができました。

こちらは国内の銀行口座を指定すれば簡単に出金できるので問題ないです。

ただし、すぐにではないので注意が必要です。

銀行のオープンしている時間に入金されるので数日かかるかもしれません。

最低出金金額が決まっているので注意が必要です。

プロ口座がおすすめ!!

おすすめはプロ口座、初回入金額が1000ドル、日本円で為替の関係で130000円ぐらいです。

残高金額が多くなってしまうのでレバレッジ無制限にはなりませんが、レバレッジ2000倍で取引することができます。

さらに保有ポジションを日を持ち越してもスワップがつかない商品が複数存在します。

トラリピEAでポジションを多く保有するとスワップでマイナスが多く出ることがあるのスワップフリーのプロ口座がおすすめです。

スワップのない商品でトレードできる

Exnessでは、このようにトラリピEAで毎日のスワップがなくなるということです。

以前運用していた国内FX会社では、毎日1000円以上のマイナススワップが出ていたので、1ヶ月で3万円以上も利益に差が出ます。

もちろん逆のプラススワップもつかないので注意が必要です。

スワップがつかない商品が決まっているので、自分の取引したい商品が入っているかも重要です。

「拡張スワップフリーレベル」で取引しているので、それに合った商品を選んで運用しています。

株価指数の最小取引数が小さいので運用しやすい

個人的な意見かもしれませんが、株価指数の最小取引数が小さいので小額の残高でも複数の株価指数を取引することもできます。

最小取引数が小さいのでトラップを多く仕掛けることもできます。

株価指数はおすすめです。

 

トラリピEA「TKGridTrade」の説明

パラメーターは日本語で作ってあります。

 

マジックナンバー

   複数の商品で運用する場合は1000ぐらい離した数字を入力してください。

スリッページ

   そのままでも問題ないです。

ロット数

   1000通貨が0.01 商品によって最低数量が決まっているので要確認

トレードタイプ

   買い設定 / 売り設定 / ハーフ&ハーフ設定 / 両建て設定

トレードモード

   指値注文 / 逆指値注文 / 指値注文+逆指値注文

レンジ最高値

   レンジ最高値の価格

レンジ最安値

   レンジ最安値の価格

中央値の自動設定

   自動設定にする / 自動設定にしない

中央値

   ハーフ&ハーフの中央値の価格

トラップ幅

   トラップの幅をPips

予約注文範囲

   予約注文の範囲をPips トラップ幅の4倍くらいがおすすめ

   これがあまり多いとPCがフリーズしたり、サーバーの負荷が大きかったりと。

指値トリガー幅

   トレードモード(注文方法)で逆指値注文を選んだ場合に有効になります。

   トリガー幅はPips

   逆指値トリガーが必要ない場合には、「0」の初期値で設定してください。

利確設定

   利確幅(Pips) / 利確価格(一括決済) / ATR自動設定 /

   トレーリングストップ

利益幅

   利益の幅をPips

買い利確価格

   買いの一括決済する価格

   (買い設定、ハーフ&ハーフの買い設定、両建ての買い設定)

売り利確価格  

   売りの一括決済する価格

   (売り設定、ハーフ&ハーフの売り設定、両建ての売り設定)

ATR値の期間

   ATRの期間(日数)

トレーリングストップ発動幅

   トレーリングストップを発動させるための幅(pips)

トレーリングストップ最低利確幅

   トレーリングストップの最低利確させるための幅(pips)

   設定( 発動幅 > 最低利確幅 )

損切り

   基本損切はしませんので0のままでいいかと思います。

買い損切り価格

   損切りの一括決済する価格

   (買い設定、ハーフ&ハーフの買い設定、両建ての買い設定)

売り損切り価格  

   損切りの一括決済する価格

   (売り設定、ハーフ&ハーフの売り設定、両建ての売り設定)

 

トラリピEAをダウンロード

無料でダウンロードすることができます。

無料のダウンロードは、こちらから↓

ux.getuploader.com

 

ダウンロード方法は、こちらから↓

tako-no-mori.hatenablog.com

 

MT4

MT4のEA・インジケーター・スクリプトを無料でダウンロードすることができます。

トラリピEA「Takonomori」

買い設定と売り設定ができるトラリピEAの最新版!!

 

トラリピEA「TKGridTrade_MT4EA」

トラリピEA「Takonomori」を参考に複雑なグリッドトレードができるEAの最新版

MT4とMT5を同時作成中!!

 

トラリピEAと合わせて使いたいスクリプト

トラリピの保有ポジションの一括決済、待機注文の一括消去を簡単に行えるスクリプト

トラリピの設定を変更したとき変更するときに前回の予約注文、保有ポジションが残っていますよね。

予約注文を一括で消去できる、保有ポジションを一括で決済できるスクリプトです。

頻繁に使うこと言うことはないのですがあると便利なスクリプトです。

 

MT5

MT5のEAを無料でダウンロードすることができます。

トラリピEA「TKGridTrade_MT5EA」

トラリピEA「Takonomori」を参考に複雑なグリッドトレードができるEAの最新版

MT4とMT5を同時作成中!!

注意

MT4・MT5のEA等は、趣味で作成し運用しているものなので、バックテスト・フォワードテストをしっかり行ったうえで運用するようにしてください。

趣味で作っているので、完全無料、どこのFX会社でも運用することができます。

EA作成の依頼などは受け付けていません。